HOME>ホットトピックス>人の力を借りないでも電動で動くので楽です

介護車両として必要です

介護車

現代社会では車は必要不可欠な乗り物となっていて、また障害者や高齢者が乗って移動できる車両のことを福祉車両といいます。簡単なものだとスライドシートだったり、昇降シートなどがあるので介護が必要な人でも乗りやすくなっているのが特徴です。その他にも電動で動くスロープやリフトを備えた車だと、より重症な介護が必要な人や身障者も簡単に乗ることができるので助かっています。

助成金制度もあります

車椅子

減免制度や助成金制度を利用できるのも福祉車両のメリットで、介護する人をサポートする乗り物として注目されています。車のサイズもそれぞれにありますので、家族の人数に合わせて選ぶことができるのと、後から取り付けも可能です。

安全に運転できる

福祉車両はこういった使い勝手がいいことや、利用する人が限定されていることで周りも気をつけることができます。特に高齢者や身障者が乗っていることがわかると、周りのクルマも車間距離を取ってくれますし安全に運転できます。

電動で動く

技術革新のおかげで車椅子に乗っている状態でも、安全に車に乗ることができるようになっているのが福祉車両です。スライドして昇降できる装置がついていることで人の力に頼らないでも、電動で動きますので時間も掛かりません。

広告募集中