HOME>注目記事>車両の種類に合わせた選び方のポイントを押さえよう
車椅子

スロープタイプを選ぶ場合のポイント

福祉車両を購入したいと考えている場合、車いすのまま乗り降りが可能なスロープタイプを選びたいということもあるでしょう。スロープやリフトなどの装置が車両の後部についているため、車いすのまま乗り降りすることが可能になっています。このような福祉車両は、軽自動車などの小さな車両にも対応しているだけではなく、構造が比較的単純などで安く購入しやすいというメリットがあります。またスロープタイプでは、乗り降りの際のスロープ部分などの安全に問題がないか確認することが大切です。ウインチなどを装着しないと、乗車のサポートに体力がいることもあるという点を理解したうえで購入を検討しましょう。

介助者の負担を減らせる選択肢

福祉車両のタイプの中でも、介助者の負担が少ないという理由で人気を集めているのがリフタータイプです。電動リフトを利用することで、車いすごと乗り降りができるようになっています。実際にリフタータイプを選びたい場合には、重量制限の有無などの確認が必要です。重量制限や大きさによって利用できない車いすがあるケースも見られるため、事前に対応範囲を確認したうえで導入するか検討しましょう。またリフタータイプは大きな車両に搭載されることが多いため、大人数で利用できる福祉車両を探している方に適しています。

広告募集中